2019年12月14日

電車バスにて武甲山、辛かったー!

久しぶりに一人で登山、なんだか電車で行けるところ、そう考えて武甲山へ。
飯能駅7時10分発の、湯の沢行きバスは毎回これ、ヤマノススメ号。
始発バスは大勢の登山者を載せて、名栗川を上流へ走って行きます。
私ものんびりと、名栗の山肌に残る斑な紅葉を眺めながら、1時間ほどのバス旅を楽しみます。
Bukou19_01.JPG

良かったらこちらのヤマレコ山行記録も読んでください。

名郷バス停で殆どの客人(登山者)は下車、そして方々のハイキングコースへと散らばって行きます。
車道を歩くと、キャンプ場に台風の爪痕が。
ニュースにはならないけど、色々なところで被害が発生している様です。
Bukou19_03.JPG

舗装道から採石場を迂回するハイキングコースへと入り、トロッコ軌道の横を登って行きます。
白いゴロゴロ石は、石灰岩の様です。
Bukou19_04.JPG

普通の登山道になり、また崩落個所。
Bukou19_08.JPG

そこから徐々に高度を上げ、2カ月ぶりの登山で足がパンパンになった頃に鳥首峠へ出ました。
Bukou19_09.JPG

鳥首峠から少し進むと、昔送電線の鉄塔が建っていた場所に出ました。
まだまだ武甲山は見えません、目の前のピークを登るのかな?
やっぱ登りました、アップダウンはダメージプラス(´;ω;`)
Bukou19_11.JPG

折角登ったのに、少し下って「ウノタワ」
ウノタワ伝説の写真はこちらのヤマレコ山行記録に有ります。
Bukou19_14.JPG

何回かのアップダウンの末、やっと大持山へ到着しました。
以前は名郷から妻坂峠経由にて大持山へ登りましたが、今回のコースの方がアップダウンが多く、結構体力の居るコースと感じました。
Bukou19_17.JPG

妻坂峠から武甲山への記録はこちらのページへ。
(昔はコースタイムが早い!体力の衰えが。。。)

大持山~子持山~武甲山の縦走は、このコースの醍醐味。
こんな岩の間を通り抜けます。
でももう足が限界、やっぱ夏の痛風と加齢で体力が落ちているのかなぁー?
Bukou19_18.JPG

子持山に到着! 残すは武甲山のみ。
でもここからが一番大変なんだなぁー。
Bukou19_19.JPG

そう、あそこを登るのです。
しかも、ここまで既に8km、2つ以上のピークを踏んで限界寸前の足で。
また途中の鞍部、シラジクボが厄介なのです。
子持山から約40分も下り、そして50分を登り返すのです。
最後の急登、ヤマノススメのあおいちゃんの、心の声が聞こえて来ます。
「なんでこんなに辛いのに登らなければならないんだろー?」と。
Bukou19_20.JPG

武甲山山頂、その頂に至った時あの辛さは消え失せ、また登りたいとの気持ちが湧いてくる。
今日は辛かったが、その分、達成感は十分。
Bukou19_23.JPG

秩父市街を見下ろすと、ミューズパークでは紅葉も終盤の様でした。
Bukou19_25.JPG

秩父の名峰、両神山。
なぜか両神山には4回も登っています。
2016年の年末に次男と登った七滝沢コース、楽しかったなぁー。
Bukou19_26.JPG

帰りは「裏参道」を通り、秩父鉄道の浦山口駅へ。
しばらく下ると橋立川の林道となりますが、ご覧の通り。
ここは今年の春にヤマメ釣りに来た場所ですが、来年の解禁が心配です。
Bukou19_31.JPG

その先には土砂崩れ、復旧工事はまだ手付かずの様でした。
Bukou19_32.JPG

橋立鍾乳洞の横を通り、そして浦山口駅へ到着。
前回(2011年12月17日)より1時間ほど遅いタイムです。
んー、8年前じゃあ仕方がないか。
Bukou19_36.JPG

今日はとても頑張りました!
そこでご褒美、西武の新型特急ラビュー(Laview)に乗車。
お花畑駅からの乗り換え時間は実に10分、丁度出発前でしたので、すぐに特急券を買って乗りました。
解放感の有る窓、新車の雰囲気、もう大満足で帰路に着きました。
Bukou19_37.JPG
「あー、最後に大失敗! ビールを買う時間が無かったー!」



詳しい内容は、こちらのヤマレコ山行記録を読んでください。
登山情報、写真も沢山掲載しています。

posted by マッツーパパ at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 登山 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください